ラクロスを見る!知る!楽しむ!ための北海道発! ラクロス ブログ!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ラクロスの組織論 ~チーム規模編~
ラクロスの組織論。

今日も、ちょっと堅い話しです。

ここ数年、どの地区でもチーム数はあまり伸びていないように思います。
そのかわりに、チームの人数が増えているチームが多くなっているようですね。

そうなると重要になってくるのが、リーダーの力。

仕事でもそうなのですが、組織が機能するためには、それをまとめる
”人”の力が大きいのです。


ラクロスにおいても、主将についてはどのチームも比較的このような観点から選ばれていると思います。

ところが、ここで迷うのがコーチ。

ラクロスの「技術に秀でた人」にするのか、それとも「組織を上手くまとめることができる人」にするのか。

もちろん、両方を兼ね備えていればいいのですが、そのような人はほんの一握りだし、そんな人はすでに日本代表コーチぐらいになっていると思います。また、プレイヤー出身者から選ぶことになるので、当然、人数的には、前者の方が圧倒的に多くなります。

ここでの判断の分かれ目は、やはりチーム規模。

小規模なチームなら前者がいいと思いますが、創部まもないチームや大規模チームはやはり後者の選択がベストなのではないでしょうか。

規模の分かれ目は、20~25人くらいかな。
仕事なら10人でもまとめるには、それなりの”力”が要りますが…

関連記事

テーマ:ラクロス - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。