ラクロスを見る!知る!楽しむ!ための北海道発! ラクロス ブログ!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
何処に陣取る?
今日もラクロス撮影の話。
意外にも撮影の話題のような、コラム的なものが好評なので。

さて、撮影の時にどのように撮影ポジションを決めるかというと、

①太陽の向き
②試合展開を予想する


の2点です。

①は撮りたいイメージに合わせて、太陽との位置関係を決めます。
②は、例えばワンサイドゲームであれば、逆サイドにいると
ほとんど撮れません。

観戦している時は、ワンサイドゲームより1点を争う好ゲームの
方が見ごたえがあるのですが、撮影する時はワンサイドゲームの
方が撮りやすいのです。

ポジンション的には、ゴールエンドかサイドのどちらかになります。
そこで、サイドにいる時に気になる点を一つ。

「サイドの使い方」

男子は、まんべんなく(両サイドを)使うチームが多いのですが、
女子はなぜか偏っているチームが多いのです。

カメラマン的には、
「私のいるサイドを使ってよ~」

となりますが、

コーチ的には、
「戦術でそういう使い方ならいいけど、気づいていないなら
マズイよな~」

となります。

本当に強いチームは、早くにそのような相手の””を見い出し、
そこを封じ込めてくるのです。

ファインダーという一定の枠を通して見ると、いろいろと見えて
くるのです。


関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。