ラクロスを見る!知る!楽しむ!ための北海道発! ラクロス ブログ!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スズメバチ
まだまだ続く、ラクロスの傷害シリーズ。

今日は、「スズメバチに刺されたらどうする?」です。

スズメバチと聞くと怖いイメージがあると思います。
万が一、刺されたとしても、ひどい症状になることはほとんど
ありません。

しかし、夏から秋にかけて活動が活発になるので、屋外で練習や
試合をするラクロスの場合、これからの季節は要注意です。

もし刺されてしまったら…

・刺された場所からすぐに離れる
 これは、刺したハチが警戒物質を出すために、仲間のハチが
 集まってくるからです。

・傷口を洗って冷やす 
 傷口を水でよく洗って、手で毒を絞り出すようにします。
 そして患部を冷却します。 

・薬を塗る
 抗ヒスタミン軟膏(虫刺され薬)を塗る。ちなみに、おしっこを
 かける、という話を聞いたことがあるかもしれませんが、効果は
 ないそうです。

・診察を受ける
 症状の有無に関わらず、病院へ行って診察を受けて下さい。

また、次の場合は大至急、病院へ行って下さい(救急車等で)

・ショック症状が現れた時
・複数のハチに刺された時
・刺されたのが2度目の場合


体質によってはショック症状(アナフラキシーショック)が出たり、
複数のハチに刺された場合、また、1度刺されて抗体ができた人が
再び刺された時は、重症化する恐れがありますので注意して下さい。

普段から注意していたとしても、ハチが相手なので”予防”というのも
難しいですね。万が一刺された時のために、万全の体制を整えておく
ことも大事だと思います。

また、医師の処方によりショック症状を和らげる薬(注射器)を
持つことができるので、1度刺されたことがある方には有効な
対策であると思います。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。