ラクロスを見る!知る!楽しむ!ための北海道発! ラクロス ブログ!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
熱中症
8月ももうすぐ終わりですが、まだまだ暑い日が続きます。

熱中症は真夏でなくても発生します。
簡単についてまとめてみました。


【熱疲労】

症状 : 脱力感、倦怠感、めまい、頭痛、吐き気
原因 : 脱水による
対処 : 風通しのよい涼しい場所で水分補給


【熱けいれん】

症状 : 筋肉に痛みをともなった、けいれんが起こる
原因 : 塩分不足
対処 : 涼しいところで安静にして水分補給(塩分0.9%、生理食塩水)


【熱射病】

症状 : 意識障害、おかしな言動、ショック症状
原因 : 体温上昇、血液凝固
対処 : 首、脇の下などを冷却して体温を下げる。意識レベルが
    低い時は水分補給しない。すぐに病院へ連れて行く。


▼ 喉が渇いた時には、すでに軽い脱水症状になっていると
 いわれています。この時、すでに2%の水分が失われている
 そうです。
  運動前にも水分補給するなど、早めの対応を心がけましょう。

▼ 以前には、冷たい水は体に良くないと言われていました。
 しかし、体に一番吸収されやすいのは、4℃の水だそうです。
  体温を下げるという意味でも、水分補給には少し冷ための
 水がいいようです。 

▼ 試合中に限らず、練習中においても選手は無理をしがちです。
  コーチやトレーナ、マネージャーなどが選手の異変に気づき、
 早めに対処することが熱中症を未然に防ぐことにつながります。
  このようなことも、スタッフの大事な仕事の一つですね。

▼ 日本体育協会の熱中症予防8ヶ条は、参考になると思います。


関連記事
スポンサーサイト
この夏、強化するものは…
ようやく夏らしい暑さになってきましたね。北海道も。

私は暑いのは好きなのですけど、みなさんはどうなのでしょう?

ラクロスするには、ちょっとつらい季節かな。

さすがに好きとはいっても、クーラーなんて高級な設備がない環境で
仕事をしているので、仕事中はちょっと辛いです。

そこで

「今夏の目標!」

それは…


「暑い」と言わない。絶対に言わない。


これです。

我慢比べではありません。

そう、もちろんそれは


「メンタル強化」


のためです。
関連記事
熱中症対策
熱中症対策。

ラクロスでもかなり浸透してきましたね。

安全講習やリーグパンフなどでかなり徹底されていますので、
最近取り上げられることが多い 「RICE」 と並んで、ラクロスを
プレーする上で知っておかなければならないことの一つです。

できればこの季節、グラウンドの状況が許す限り練習は朝か夕方に
行いたいものです。

そして”熱中症対策”で特に注意したいのは、

「水分だけでなく塩分もきちんと摂る」こと。

これも大丈夫ですよね。


あとは夏バテ対策。基本はしっかりとした食事。

足りない栄養素をサプリメントやプロテインで補うのもいいでしょう!

でも、あくまでも”補助”ですからね。サプリメントは。

関連記事
アスリート・コーチングBOOK
コーチをやっている方なら、読んだことがある方も多いと思います。

「アスリート・コーチングBOOK―日本一の指導者に聞いたコーチング術」(高畑好秀監修、池田書店)

ぜひともコーチだけでなく、選手にも読んで欲しい1冊。

各界の日本を代表する監督やコーチの考え方を知ることができます。
さすがにトップアスリートを指導する方々は、考え方も一流ですね。

ラクロスでも見習わなければなりません。

ところでこの本、昨年、ラクロス日本一を決める全日本選手権から帰ってくる飛行機の中で読んでいました。

そのため、特に印象に残っている1冊です。

”しおり”もその時の航空券の半券ですし。

関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。