ラクロスを見る!知る!楽しむ!ための北海道発! ラクロス ブログ!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
意思疎通
どさんこオープン。

各チームどうだったのでしょう?
ちょっと前の話になりますけど。

思ったような結果が出せたチーム、そして、思うような結果が出せなかったチーム。それぞれだと思います。

ラクロスが技術的に”下手”ではないのだけれども、目標(目的)とする結果が得られなかったチーム。

そんなチームが多かったように感じます。

さて、あなたのチームはこの大会をどのような位置づけで戦ったのでしょう?

もし、「リーグ戦で結果を出せればいいや」とか、「まだまだオープン戦だから」との考えであれば、そのようなチームの”甘え”が結果につながったものと考えて下さい。

グラウンドに出たら「一戦一戦が本番」

やはり冬のうちに徹底的に鍛え上げ、春にグラウンドに出た時点で完成している。そしてリーグ戦に向け微調整していく。これが基本。

これは理想論ではない。
どのような心構えでラクロスをやるか、という精神論。

そして、このような考え方をチームに叩き込んでいくのがコーチの仕事。
きちんとコーチがチームの進むべき道を示してあげないと

そのために、来る日も来る日も同じことを言い続ける。
だからコーチは選手に嫌われる(笑)

でも、そのうちに選手の気持ちが少しずつ変わり始める。
そう、それが本当の意味での選手とコーチの意思疎通。

あなたのチーム、コーチと意思疎通できていますか?

関連記事
スポンサーサイト
チームの違い
今まで、各地区の多くのチームの練習や試合を見てきました。

ラクロスにおいても、100のチームがあれば、100の戦術・練習方法があるのは当然です。

ところで、チームによって一番違いが出るのは何だと思います?

それは…

「試合前のアップ」

です。
ほんと、これは一番違いが出ます。

でも、アップすることが目的なので、違っていて当然ですね。

これから、一番暑くなる季節です。
手を抜くことなくしっかりアップして頑張りましょう!

関連記事
練習のお話
戦術に続いて、練習のお話。

これもやはり同じ。

「100のチームがあれば100の練習方法がある」

だから、他のチームが違うメニューをやっていると、
それをやりたくなったりしませんか?

でも、ちょっと待って。

今のメニューは、先輩方が時間をかけて完成させてきた
メニュー。そのチームにとっては、かなり熟成されたもの。

もうお気づきですね。上達するための一番のポイント。

それは、今行っている練習メニューをまず完璧にこなすこと。
あれこれ手を出すよりも絶対効果的。
関連記事
戦術のお話
掲示版にあった要望に関係して。

ラクロスにおいては、技術的・戦術的なことを書いた本や
ホームページ等はほとんどありません。

特に経験の浅い選手ほど、そのようなものを求めるかも
しれません。

それ自体は、ラクロスへの積極性という点で評価されるべきこと
ですが、残念ながらそれらに対する”答え”は存在しません。


それはなぜか?


それは

「100のチームがあれば100の戦術がある」

からです。
これがラクロスにおける私の持論。

チームの状況を見極め、ベストな戦術を選択する。
それがコーチの仕事。個人に対する指導も同じ。


もし、本やインターネットで済んでしまうなら、

コーチなんて要らないじゃん!

ということになるでしょう?


関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。