ラクロスを見る!知る!楽しむ!ための北海道発! ラクロス ブログ!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
冬こそ熱中症対策!
今回のテーマは「冬こそ熱中症対策!」です。

多くの人が、「えっ?」って感じだと思いますが…

熱中症は季節に関係なく起こります。

特にこの時期、練習してもあまり汗かかないからとか、
寒いからといった理由で水分補給怠っていませんか?

きちんと水分摂ってから、練習を始めましょう。

また、練習中や練習直後の厚着も熱の発散を妨げます。

さらに、この時期は風邪が流行る季節です。
ちょっと引いているぐらいだからと無理していませんか?

これらはすべて熱中症の原因になりうることです。
ちょっと気を付けるだけで、防ぐことができます。

次の練習から、「冬こそ熱中症対策!」というほどでなくても、
ちょっとだけ気を使ってみてください!
関連記事
スポンサーサイト
ラクロス以前
今回のテーマは「ラクロス以前」です。

そろそろ、どのチームも4月からの新入部員勧誘の準備を進めている頃でしょう。
そして勧誘の決まり文句が「大学から始めるスポーツ!」ですね。

今回はこれに関わって、新入生が入部した後の指導についてです。

その練習方法も、上級生に混ざって練習をするチーム、
または1年生だけで全く別の練習をするチームと、それぞれでしょう。

しかし、その指導方法をよ~く考えて見て下さい。
早く上手くなることを考えて、クロスワークばかりに目がいっていませんか?

チームによっては、運動経験があまりない人が半分くらいになると思います。
今まで運動していない人が運動を始める。すごくいいことですね(^o^)/

でも、「ラクロス以前」に「スポーツ」であることを忘れてはいけません。

人間の体は走ったりする時に、腕などで体全体のバランスを取るようになっています。
しかし、運動経験が少ない人はこの辺りが上手くいかず不安定になります。

その上、クロスを持ったり、男子の場合はメットを付けると重心がさらに上がり、かつ、クロスで腕の動きも制限されます。

それに加え、膝のバネの使い方、重心移動、足の向きetc・・・
そう考えると、クロスワーク以前にやることはいっぱいですよね。

クロスワークは上級生になると教えることはできますが、
ラクロス以前」を教えることができる人材がチームにいるかどうか。

それによっても、1年生の上達に差が出ると思います。

関連記事
続けることの難しさ
この時期になると大会も少ないので、モチベーションも下がり気味かな。

それにどのチームでもこの時期に、残念ながらラクロスを辞めてしまう人がいるはず。

人それぞれ、事情があると思うので、無理に続けてもいい結果は望めないでしょう。

辞める人がいるのは残念なことですが。

気になるのが、今年卒業する人。

社会人になっても続けようかどうか、少し仕事に慣れてから始めようかと、迷っている人も多いはず。

そんな人に言いたい。

「迷っているぐらいなら続けろ」

と。

社会人になっても続けようと考える人は、モチベーションが高いはず。

そんな人は空白期間を作らない方がいいし、続けた方が仕事もきっと上手くいきます。

辞めるのは簡単。いつでも辞められるから。

でも、続けるのは難しい。10年続けるには10年という歳月と努力が必要なのだから。

関連記事
組織づくり
長いオフがあったチームも、リーグ戦後も次に向けて練習を続けてきたチームもあると思います。

いずれにしても、新キャプテンを中心に新たな目標に向かって頑張っていますよね。

そこで、新チームで注目したいのがチームの「組織づくり」。広い意味で捉えてください。

強いチームには、必ず強い組織があるのです。

だから、強いチームへの第一歩は、強い組織を作ることです。
それでは、その広い意味とは?

それは、キャプテンを中心としたものではなく、もっと広くスタッフも含めて考えていますか?

選手の他にも、コーチ、マネージャー、さらには、GMやトレーナーなどなど。

すべてのスタッフを揃えるのは難しいですが、様々なスタッフが関わってチームが成り立ちます。

特に女子チームは、マネージャーを重視しない傾向がありますが…

組織に属している社会人ならわかると思いますが、役割分担がしっかりしている組織ほど、よい結果を生み出しますよね。ラクロスも同じ。

キャプテンが一人で抱えると、あとあと大変になりますよ。


今年は「組織づくり」に、こだわってみませんか?

あなたのチームを強くするために。
関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。