ラクロスを見る!知る!楽しむ!ための北海道発! ラクロス ブログ!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ラクロスの組織論 ~チームを組織として捉える~
しばらく間が開いてしまったので、どこから書けばいいのか思い出せないですが…

とりあえず、気を取り直して。
前回は、コーチとして「技術に秀でた人」と「組織を上手くまとめることができる人」のどっちがいいか、ということでしたね。
それ以前にコーチが必要がどうかで意見が分かれるチームもあるはず。
必要?ウザイ?はたまた…

けれども、
「選手とは違った視点でチームを見ることができる人がいる」
ということは、そのチームとって大きな意味を持ち、非常に大切なことだと思います。

ラクロスに限らず普段の生活においても、客観的に意見を言ってくれる人って大切だと思いませんか?
その人が言うことは、自分では気づかないことだったり、自分では認めたくないけど、まさにそのとおりだったり(笑)

組織おいては、別の視点からそして全体を見渡す人がいると強い組織になります。
まぁ、だから仕事では管理職って人がいるんですけどね。もちろん、コーチ=管理職ではないですけど。もしそうだったら嫌だな~

「選手という視点」からみると、どうしても「コーチ=教えてくれる人」という考えになりがちで、必要or不必要とか、誰にお願いするって議論になりがち。

一方、切り口を変えて、「組織という視点」から入ると、選手だけの組織ではどうしても考え方が偏りがちだったのが、コーチやGM、トレーナーなどが加わることで、一人ひとりが持つ経験や年齢構成も幅広いものとなり、様々な見方、考え方ができる強い組織になります。
そうすると誰が適任なのか、というのも自然と見えてきたりするものです。

けれどもこの問題、ほとんどの場合は学生チームが「来年はどうする?」って話しから出てくる問題だと思います。
もっともその場合、学生(=「選手という視点」)だけで話すことになると思うので、現実的には↑のような「組織という視点」からの議論までには辿り着かない気もしますが…




スポンサーサイト

テーマ:ラクロス - ジャンル:スポーツ

ラクロスの組織論 ~チーム規模編~
ラクロスの組織論。

今日も、ちょっと堅い話しです。

ここ数年、どの地区でもチーム数はあまり伸びていないように思います。
そのかわりに、チームの人数が増えているチームが多くなっているようですね。

そうなると重要になってくるのが、リーダーの力。

仕事でもそうなのですが、組織が機能するためには、それをまとめる
”人”の力が大きいのです。


ラクロスにおいても、主将についてはどのチームも比較的このような観点から選ばれていると思います。

ところが、ここで迷うのがコーチ。

ラクロスの「技術に秀でた人」にするのか、それとも「組織を上手くまとめることができる人」にするのか。

もちろん、両方を兼ね備えていればいいのですが、そのような人はほんの一握りだし、そんな人はすでに日本代表コーチぐらいになっていると思います。また、プレイヤー出身者から選ぶことになるので、当然、人数的には、前者の方が圧倒的に多くなります。

ここでの判断の分かれ目は、やはりチーム規模。

小規模なチームなら前者がいいと思いますが、創部まもないチームや大規模チームはやはり後者の選択がベストなのではないでしょうか。

規模の分かれ目は、20~25人くらいかな。
仕事なら10人でもまとめるには、それなりの”力”が要りますが…

テーマ:ラクロス - ジャンル:スポーツ

ラクロスにおけるリーダー
ラクロスにおけるリーダー。

キャプテン、ポジションリーダー、コーチ etc…
そして広い意味では運営面でのリーダーも含まれるでしょう。

いずれにしても、前回の「リーダーの力」にもあるように、
そのチームに大きな影響を与えるのは、組織トップのリーダーシップ
であるのは間違いないようである。

キャプテンにはリーダーシップのある人が選ばれていると思いますが、
やはり気になるのがコーチ。

この季節、関東などではコーチ依頼をクラブチームの掲示板に
書き込んでいるチームもありますね。

その中で、あたかもコーチの仕事が「悪いところ指摘する」とか
「戦術を教える」ことが中心のように書いてあるところもあります。
もちろん、これらはコーチの重要な仕事の一つでもあります。

けれども、そういうスタンスでコーチがチームに接したら…

例えて言うなら、「学校の先生が問題集ばかり解かせて、間違った
ところ、つまずいたところだけ指導する」というところ。

確かに効率はいいのです。しかし、この方法で実力を本当に伸ばす
ことができるでしょうか?

今一度、チームはコーチの位置づけを、そしてコーチは自分自身の
役割を考え直して見るのもいいかもしれませんね。

ラクロスほどコーチが”傍観者”的になっているスポーツは、
他にはないと思いますよ。




テーマ:ラクロス - ジャンル:スポーツ

リーダーの力
リーダーの力。

これは、今日(11日)の北海道新聞夕刊の社説の見出し。
北海道新聞を読むことができない方へ、少々解説。

北海道では長い冬が「北国のハンディ」といわれ、特に屋外スポーツは不利と言われてきました。

しかし、2006年は北海道のチームが活躍した。
なぜこんなに強くなったのか。忘れてならないのはリーダーの力だ。
という内容。


コンサドーレ札幌(天皇杯ベスト4)
「柳下正明前監督は三年間で確実にチームを成長させた」

北海道日本ハムファイターズ(44年ぶりの日本一)
「チーム力を飛躍的に伸ばしたトレイ・ヒルマン監督の手腕」

駒大苫小牧高(夏の甲子園準優勝)
「香田誉士史監督の、熱心で理にかなった指導」


まさに同感ですね。一方のラクロスは…

ということで、次回はラクロスにおけるリーダーについて考えてみたいと思います。


テーマ:ラクロス - ジャンル:スポーツ

意思疎通
どさんこオープン。

各チームどうだったのでしょう?
ちょっと前の話になりますけど。

思ったような結果が出せたチーム、そして、思うような結果が出せなかったチーム。それぞれだと思います。

ラクロスが技術的に”下手”ではないのだけれども、目標(目的)とする結果が得られなかったチーム。

そんなチームが多かったように感じます。

さて、あなたのチームはこの大会をどのような位置づけで戦ったのでしょう?

もし、「リーグ戦で結果を出せればいいや」とか、「まだまだオープン戦だから」との考えであれば、そのようなチームの”甘え”が結果につながったものと考えて下さい。

グラウンドに出たら「一戦一戦が本番」

やはり冬のうちに徹底的に鍛え上げ、春にグラウンドに出た時点で完成している。そしてリーグ戦に向け微調整していく。これが基本。

これは理想論ではない。
どのような心構えでラクロスをやるか、という精神論。

そして、このような考え方をチームに叩き込んでいくのがコーチの仕事。
きちんとコーチがチームの進むべき道を示してあげないと

そのために、来る日も来る日も同じことを言い続ける。
だからコーチは選手に嫌われる(笑)

でも、そのうちに選手の気持ちが少しずつ変わり始める。
そう、それが本当の意味での選手とコーチの意思疎通。

あなたのチーム、コーチと意思疎通できていますか?

チームの違い
今まで、各地区の多くのチームの練習や試合を見てきました。

ラクロスにおいても、100のチームがあれば、100の戦術・練習方法があるのは当然です。

ところで、チームによって一番違いが出るのは何だと思います?

それは…

「試合前のアップ」

です。
ほんと、これは一番違いが出ます。

でも、アップすることが目的なので、違っていて当然ですね。

これから、一番暑くなる季節です。
手を抜くことなくしっかりアップして頑張りましょう!

戦術のお話
掲示版にあった要望に関係して。

ラクロスにおいては、技術的・戦術的なことを書いた本や
ホームページ等はほとんどありません。

特に経験の浅い選手ほど、そのようなものを求めるかも
しれません。

それ自体は、ラクロスへの積極性という点で評価されるべきこと
ですが、残念ながらそれらに対する”答え”は存在しません。


それはなぜか?


それは

「100のチームがあれば100の戦術がある」

からです。
これがラクロスにおける私の持論。

チームの状況を見極め、ベストな戦術を選択する。
それがコーチの仕事。個人に対する指導も同じ。


もし、本やインターネットで済んでしまうなら、

コーチなんて要らないじゃん!

ということになるでしょう?



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。